キャッシュレス社会の到来に対してミレニアル世代は適応できるのか

TDバンクの調査によると、ミレニアル世代はクレジット決済を有効に利用できていない。

クレジット決済を利用する習慣を築いて、それを維持していくためにミレニアル世代にはしっかりとした指針が必要だとTDバンクは指摘している。

5人のミレニアル世代のうち4人が、社会はいずれキャッシュレス社会になるだろうと考えている。しかし、TDバンクの調査ではミレニアル世代の23%がクレジットカードを持っておらず、旅行中に現金を好む可能性が最も高い年齢層であるということが明らかになった。