man
(画像=Rawpixel.com / Shutterstock.com)

Q でんさい割引での融資を依頼されたときどう対応すればいいの?手形割引とはどう異なるの?

今回は、でんさい割引での融資を依頼されたケースについて見ていきます。

でんさいとは、でんさいネットという電子債権記録機関にデータを登録することによって発生する金銭債権です。分割譲渡など手形にはない機能があり、手形に代わる新たな決済手段といえます。また手形割引と同様、でんさい割引という形で融資を行うことも可能です。

でんさい割引における一般的な手続きの流れは図表のとおりです。申込受付時の対応や審査の方法等は手形割引とほぼ同じですが、一部異なることもあります。両者を比較しながら見ていきましょう。

でんさい割引を実行するまでの基本的な流れ
(画像=バンクビジネス)

でんさい割引の場合、まず資金使途等を確認し、でんさい割引の申込みを受け付けても問題ないか判断します。支払期日が迫っているでんさいは譲渡等の記録請求が制限されることから割引対象外となることがあります。これについては手形割引と異なりますので注意が必要です。

これらの確認で問題がなければ申込手続きに移ります。申込書など必要な書類を取り受けます。

申込人や債務者の調査により可否を判断