money
(画像=Joyseulay / Shutterstock.com)

Q 設備資金の融資申込みを受けたらどのように検証すればいい? 運転資金の場合とどう異なるの?

事業性融資における資金使途は、主に設備資金と運転資金に大別されます。このうち設備資金は、主に機械や車輌、土地や建物、社屋や工場等の取得や修繕等に充てられるものをいいます。

設備資金の融資を申し込まれた場合、図表の書類等をもらい受けて、以下の点に着目して検証を行います。

必要書類
(画像=バンクビジネス)

①どんな設備を購入するか

どんな設備を、いくらで購入するか確認します。図表の㋐の書類には購入を予定している設備の種類や仕様、金額などが記載されていますので、妥当性を確認しましょう。

購入する設備が不動産の場合は、工事請負契約書のほか、不動産登記簿謄本や地積測量図、建物配置図や公図等をもらい受けたうえで、可能な限り現地を訪問して確認を行い、必要に応じて写真を撮ります。

合わせて、ヒアリングを行い、そもそも購入が必要なのかの検証とともに、申込内容を確認します。

収支の見通しが妥当なものか検証する