バンクビジネス
(画像=PIXTA)

前回、期限が予測できる仕事を割り出したうえで営業に費やせる時間を〝見える化〟することを述べました。今回は、営業面の行動計画の立て方を見ていきます。

ポイントは、訪問目的を整理したうえで行動計画を考えることです。取引先への訪問を目的別に分けると、主に次の2種類があります。

①親密度を高めるための訪問