バンクビジネス
(画像=PIXTA)

お客様と親しくなりたいと思って話しかけても、良いリアクションばかり返してもらえるとは限りません。うまく雑談につながっていく確率は2割くらい、声をかけた5人のうち1人ほどでしょう。

お客様との関係は、最初は「片思い」が当たり前。諦あきらめずに話しかけ続けることが大切です。会話を増やすとお客様満足も上がるというデータも出ています。日本人は「お返しの文化」ですから、自分を想って話しかけてくれる相手には、自ずと話を聞いてあげたいという気持ちが芽生えます。