バンクビジネス
(画像=PIXTA)

ビジネスシーンにおいて、気長に付き合ってくれて、自分の良さをじっくりと時間をかけて見極めてくれる状況は稀な昨今となりました。

ちょっとした気遣いのなさで「なんだか感じが悪いな」とすぐに見切られたり、誤解をされたりする可能性もあります。

気遣いは相手を不快・不安にさせないことからスタートします。見返りを求めたり自分が評価されたいと思ったりすると空回りしがちです。まずはお客様より一段下がる気持ちで尊重する姿勢を言動で表しましょう。