バンクビジネス
(画像=PIXTA)

基本編

●新券や新硬貨の依頼にはどう対応したらいいですか

こんな質問への回答方法

ご祝儀やお年玉などを渡す風習から、預金の払戻しや両替のときに「新券が欲しい」「綺麗な硬貨が欲しい」等と求められることがあります。応対時には「できるだけ希望に応じてあげたい」という心情や、「断ったら苦情やクレームにつながるかも…」という懸念が生じることでしょう。

しかしながら、金融機関の店舗が保有する紙幣・硬貨には、真新しいものから相応の年月が経過したものまで混在しています。手続きの過程において年式等の区別なく取り扱います。

刷られたばかりの新券や鋳造されたばかりの硬貨を特定の市中金融機関や店舗に集中的に供給している事実もありません。

可能な範囲で対応を

金融機関の行職員には、お客様を問わず公平・公正な姿勢で金融機能を提供することが求められます。預金規定等には、新券や新硬貨の提供に言及している箇所はありません。もっともお客様全員から新券等の提供を求められても、それには応じられないのですから、本来は明確な根拠のない差別化をすべきではないのです。

したがって実務上では、お客様に新券等が必要である理由を聴取したうえで応じられる範囲で応じます。応じることができたとしても、いつも新券等の用意があるとは限らない場合はその旨を伝えておく必要もあるかもしれません。後輩にも留意を促しましょう。

●現金5000万円の依頼にはどう対応しますか

こんな質問への回答方法