デジタルアドバイザーのPersonal Capitalが発表した調査によると、多くの米国人は、金融アドバイスについて誤解を抱いており、参加者の最善の利益は守られていると考えている。 Personal Capitalの2019年ファイナンシャル・トラスト・レポートに参加した投資家の48%は、すべてのファイナンシャル・アドバイザーが常に顧客の最善の利益のために行動することが法律で義務付けられていると信じている。また、アドバイザーと一緒に働いた投資家の65%は、すべてのファイナンシャル・アドバイザーが顧客の最善の利益のみを推奨すると信じていて、数値としては2017年の46%から増加した。

Personal Capitalは、どちらの通知も正しくないと述べている。 規制当局間の継続的な議論の焦点である「最善の利益」の定義が、投資家の混乱を増幅させている可能性があるという。