SEIが調査会社Preqinと共同で発表した最新の調査結果によると、世界的な金融危機以降10年間で、民間ファンド市場はニッチ投資から機関投資家向けポートフォリオ必須の時代へと進化してきた。 SEIは、今日の民間資本の経済システムにおける民間ファンドの強固な地位は、投資家と経営者にとってチャンスと課題の両方を生み出していると述べた。

拡大する民間ファンド

民間投資ファンドは、2015年と2016年に約1000億ドルを調達し、2017年には約1,200億ドルに増加した。運用資産高は2008年の2450億ドルから10年で6670億ドル近くに急増したが、2023年までには再び倍増すると予測されている。 (関連:オルタナティブ投資で注意すべき3つのテーマ:JPモルガン)