昨年末の市場の不安定さは、アクティブ運用者にとってより多くの機会を創出すべきであったにもかかわらず、受動的フローは減少しなかった。

"ムーディーズの最新の調査リポートによると、米国ではパッシブ運用商品の採用が継続されており、運用資産に占めるパッシブ運用商品の割合は2年でアクティブ運用資産の割合を上回る勢いだ。 ムーディーズは、パッシブ投資商品に対する消費者の動向を、改良されたテクノロジーの採用に似ていると解釈している。

「低コストのパッシブ運用商品は、従来の投資信託よりも効率的に、米国企業の収益を最終投資家に配分する。」と報告書は述べている。 ムーディーズによれば、これらの商品は、資産運用者への運用機能、ブローカーへの通信および取引コスト、平均以下の投資決定という形での「利益漏れ」が少なく、平均的なアクティブ運用者から優秀なアクティブ運用運用者の小グループへの資本損失につながるため、より効果的である。