両社は、この規則がそのまま受け入れられた場合、州内の証券会社の顧客へのサービスを停止しなければならないと述べている。

米国の大手証券会社2社、Morgan StanleyとTD Ameritradeは、ネバダ州が現在の形で受託者規則を進めた場合、同州の顧客へのサービスを停止すると警告している。

一方イリノイ州では、昨年導入した投資顧問開示法の推進を中止した。ストラドリー・ロノンのジョージ・マイケル・ガーシュタインによると、その行為は「セッションを無期限停止する」ことであり、「さらなる会議や聴聞会」は割り当てられていない。