バンクビジネス
(画像=PIXTA)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

解説

相続手続きが開始されると、金融機関は当該預金(預金債権)の相続人の範囲を確認します。相続人の範囲を確認できる書類として、今回は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を検討しましょう。

相続人の範囲については、まず「被相続人の配偶者は、常に相続人となる」(民法890条)と定められ、死亡した預金者の配偶者は常に相続人になります。ここにいう「配偶者」とは戸籍法に基づく婚姻届を提出した者を指し、内縁の配偶者は含まれません。