近代セールス
(画像=THMEYA/Shutterstock.com)

強みに基づいた新ドメインの設定で事業の幅を拡大し売上回復に成功

今回取り上げるのは、業暦60年の精肉業I店だ。

同店は事業主とその親族による家族経営の個人商店。当地、飛騨・高山は全国で認知されている飛騨牛の名産地である。

平成14年に第8回全国和牛能力共進会(国内和牛の優劣を競う大会)で最優秀枝肉賞を受賞。その5年後の第9回大会でも受賞し連覇するなど、今や松坂牛や神戸牛、近江牛に比肩するブランド牛だ。