バンクビジネス
(画像=PIXTA)

預金名義人が死亡した場合には、相続人・受遺者・遺言執行者等が相続手続きを行うことが必要となります。事務手順としては、金融機関が預金名義人死亡を知ったら、死亡届を提出してもらいます。その際、預金名義人の死亡が確認できる除籍謄本等の書面の添付が必要となります(図表)。

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)