2019年予算案の準備金の行方は

FINRA(Financial Industry Regulatory Authority)は予想される歳入不足を補うために準備金を取り崩す可能性があると述べている。

米金融産業規制当局は2019年予算案を発表し、今年は手数料引き上げの影響はないものの、手数料引き上げの可能性はあるとの見解を示した。