近代セールス
(画像=PIXTA)

お客様が目の前にいるつもりで明るく声をかけよう

最近は戸口にカメラ付きインターホンが設置されている家が多いのですが、お客様に呼びかけるとき、何か意識すべきことはありますか?

先日、ある農協でFST(フィールド・セールス・トレーニング)を行い、渉外担当者とともに山間地の農村を訪問していたときのことです。その地域の民家は大半がインターホンを付けておらず、鍵もかけていません。訪問客は勝手に玄関の扉を開けて挨拶するのが普通。何度か呼んでも返事がなければ、大抵は田んぼや畑で仕事をしているといいます。

こうした地域ではお客様が在宅なら顔を合わせられるので話もしやすいのですが、いまでは稀でしょう。また呼び鈴だけの時代なら、音が鳴っても誰が来たか分からないので、お客様は顔を出してくれました。