近代セールス
(画像=PIXTA)
支店で様々な目標の達成を求められることがつらいです。金融機関の都合を押し付けているような気もするのですが、どう向き合えばいいでしょう…。

目標との向き合い方は、多くの金融機関行職員が抱える悩みです。思うように実績が上がらず、未達の数字を重荷に感じる担当者は少なくありません。期末が近づくたびに憂鬱な気分になったり、自分は駄目だと落ち込んだりする人も見受けられます。

一方で金融機関は営利企業ですから、将来にわたり存続し、従業員の給与を払うためには収益を上げる必要があります。行職員が目標に向けて成果を上げていく活動は、必要不可欠です。

メリットとデメリットを心から理解・納得する