バンクビジネス
(画像=Princess_Anmitsu/Shutterstock.com)

Q.住宅ローンの適用金利には、〇%~〇%という幅があります。金利が決まる仕組みについて、どう説明すればよいですか。

まず、住宅ローンの金利には基準金利と適用金利があることから説明できるようにしておきましょう。基準金利とは、各金融機関が定めている基準となる金利のことで、金融機関によっては店頭(表示)金利、表面金利などと呼ぶこともあります。

しかし、これがお客様が借り入れる際の金利になるわけではありません。ほとんどの金融機関が、そこから金利を下げる金利優遇・金利引下げ制度を実施しています。基準金利からこの一定の金利引下げを行った金利が適用金利、優遇金利、表示金利などといわれます。

実際のところ、基準金利で借り入れるお客様はまずいないでしょう。現実には、基準金利よりかなり低い適用金利で住宅ローンを利用するはずです。

申込内容や審査結果で適用金利が異なる