バンクビジネス
(画像=Africa Studio/Shutterstock.com)

Q.保証料についてお客様に理解してもらい、最適な支払方法等を選択してもらうには、どんな説明が必要ですか。

住宅ローンの保証料とは、保証会社が返済を保証する場合に、お客様が保証会社に支払う費用です。これにより、お客様は連帯保証人が原則として不要になります。

この制度が確立される前は、お客様に連帯保証人を用意してもらう必要がありました。連帯保証人はお客様が返済できなくなったときに代わって返済しなければならず、個人のお客様がそのような連帯保証人を探すのは簡単ではありません。その点、保証会社による保証制度が確立されてからは、お客様は格段に住宅ローンを利用しやすくなったといえます。

保証会社の保証を得るためには保証料等の一定の費用がかかりますが、これにより連帯保証人がいなくても融資が可能になるということを説明すれば、納得してもらえるでしょう。ただし、お客様の収入が十分でないケースなどでは連帯保証人が必要となることもありますので、「保証料を払えばだれでも連帯保証人は不要になる」と誤解されないようにしましょう。

外払い方式のほうが保証料負担は軽い