バンクビジネス
(画像=Princess_Anmitsu/Shutterstock.com)

Q.返済方法を検討する会社員のお客様がボーナス併用返済を検討しています。どのように説明すればよいでしょうか。

住宅ローンの返済方法には、毎月定額で返済する毎月返済と、ボーナス月に返済額を増額して毎月の返済額を抑えるボーナス併用返済があります。

大半の金融機関では、借入額の50%までをボーナス返済に回すことができます。借入額が3000万円であれば、最大で1500万円までボーナス返済に充てられるわけです。

ただ、住宅金融支援機構が取り扱うフラット35では、ボーナス返済の割合を40%までに制限しています。借入額3000万円なら、ボーナス返済は最大でも1200万円ということです。

ボーナス支給額は業績に大きく影響される