(画像=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

地域経済団体からの依頼を受けて、歯科技工所を経営している歯科技工士の経営支援をお手伝いしたときの話である。

経営者のM氏は59歳で奥さんと一緒に事業を営んでおり、この道40年の熟練技工士である。歯科技工の業界では、CAD/CAMシステムやレーザー溶接技術、3Dプリンターの応用など新しい製作技法を大手の技工所が次々と導入しており、同業者間の過当競争は年々激しさを増している。特にM氏のところのような小規模な歯科技工所にとっては、厳しい状況が続いている。