バンクビジネス6
(画像=GillianVann/Shutterstock.com)

近代銀行:熊田社長 スペインから仕入れた新商品の売れ行きはいかがでしょうか

熊田社長:近代銀行さん、おかげさまで人気が急上昇してね

近代銀行:それは何よりです。また近々仕入の予定はございますか

熊田社長:ちょうど 出物があると仕入先から連絡があり急遽その仕入のため200万円ほど必要でね

近代銀行:そうですか。そのご資金当行で検討させていただきます

熊田社長:助かるよ。ただね また急に仕入が発生する可能性があるから今回は当座貸越でお願いしたい

熊田社長:いつでも借りられる当座貸越ならこの先も安心だ。よろしく頼むよ

近代銀行:えっ え~と…

こんな当座貸越の依頼にはどう対応したらいいかな?

本ケースにおける適切な対応は次のA~Cのうちどれでしょうか?

A:当座貸越は取引先にとってとても便利なので、利用したいという申し出を受ければ、簡単な審査ですぐ利用できることを伝える

B:当座貸越は、個人の小口のカードローンのような利用しか想定しておらず100万円を超えるような融資では利用できないことを伝える

C:財務内容および定性情報等を分析し、格付け等を実施。自行庫既定の一定水準以上の評定を得たら、当座貸越契約に応じられることを伝える

解説&解答