バンクビジネス8
(画像=Sasun Bughdaryan/Shutterstock.com)

津田社長:近代銀行さん、今度大型トラックを購入するんだがその資金を貸してほしい

近代銀行:津田社長、ありがとうございます。どのくらいの金額をご希望ですか

津田社長:2000万円だよ。それで金利なんだが低めに設定してくれると助かるよ

近代銀行:はっ はい。検討してみます

津田社長:実は他の銀行にも相談していてね、先方はかなり勉強してくれるらしいんだ

近代銀行:えっ そうなんですか

津田社長:御行はどうかね どのくらいになりそうかい?

近代銀行:そ それは…

この場合 どう融資金利を決めたらいいのかな?

本ケースにおける適切な対応は次のA~Cのうちどれでしょうか?

A:競合他行に取引をとられないように、その場で低水準の金利を提示。競合他行の金利のほうが低ければ、当該企業の希望の金利水準を聞いてそれに従って引き下げる

B:企業格付けをもとに機械的に設定した金利を提示する。提示金利でなければ、融資に一切応じられないことを伝え、当該企業の希望に耳を貸す必要はない

C:企業格付けや基準金利、採算、取引状況等を勘案して金利を提示する。提示の際には、金利設定の根拠を説明し、妥当性を理解してもらえるように努める

解説&解答