money
(画像=Natee K Jindakum/Shutterstock.com)

3 在庫は平均して売上の何カ月分くらい確保されているのですか?

企業は機会損失を防ぐために在庫を持っている。機会損失とは、販売需要がありながら在庫(商品や製品等)がないことで、販売機会を逸することをいう。

一方で、在庫をたくさん持っておくこともできない。在庫を持つということは、資金繰り上、リスクが伴うからだ。在庫を保有すれば保管費用がかかるし、また商品・製品の破損や劣化、陳腐化による減価、廃棄といった可能性も考えられる。

何より、在庫を持つには、資金を使って製造または仕入れを行わなければならない。在庫が売れてキャッシュが回収されるまで投じた資金は眠ることになるので、在庫が増えれば増えるほど資金繰りは悪くなるのだ。

したがって、必要以上の在庫を持たないことは、コストの低減と資金繰りの向上に資することになる。

在庫に関して聞いている本声かけは、企業の資金繰り状況、ひいては運転資金需要の確認につながるのだ。

在庫回転期間を算出し業界平均などと比較