plan
(画像=Andrii Yalanskyi/Shutterstock.com)

〈定性情報〉No.4 従業員や機械設備が増えている

従業員数の増減は業況と密接に関係している。特に製造業においては受注増加に対応するため、パートや契約社員等の非正規労働者の雇用を通じて人員不足を補うことが多く、取引先を外から観察しているだけでも業況を推察できよう。

給与振込を自行庫で引き受けていれば、毎月の振込件数からも従業員数の動向を把握できる。給振件数に変化はなくても振込金額が増加している場合は残業の増加も考えられる。人件費や仕入資金といった増加運転資金の融資提案を行うべきタイミングといえる。

作業の機械化に注意