米証券取引委員会はまた、投資顧問会社のCOOを顧客に対する過剰請求の原因を作ったとして告発した。

CNBCの報道によると、プエルトリコの元UBSの債券仲介業者は、100万ドル相当の手数料を不正に受け取ったことによる金融商品取引法違反に関する有罪判決を受け、1年と1日の実刑に服することとなった。 この報道によれば、ホセ・ラミレス氏は、UBSプエルトリコの保有するクローズドエンド型債券ファンドの売却に関わる詐欺事件の中心的役割を果たした人物として、元従業員の中で最初に服役する人物であり、加えて、裁判所は、刑の執行後の仮釈放期間を2年とし、500ドルの罰金の支払いを命じたという。