pension
(画像=stoatphoto/Shutterstock.com)

年金への正しい理解を促す声かけとトーク例をお客様別に紹介する。

1 60歳以上で 現在継続雇用で働くお客様「もう年金は受け取られていますか?」

60歳で退職後も就労し厚生年金に加入している人の中には、特別支給を含む老齢厚生年金の受給資格がある人もいる。働きながら老齢厚生年金を受け取る場合について、一定の要件において年金支給を抑制する仕組みが、在職老齢年金制度である。

60~64歳の人では、「総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計」が28万円を上回ると、特別支給の老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になる。65歳以上の人については、「総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計」が46万円を超える場合に、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になる。

これを逆に考えると、給与等の月額と受け取っている年金月額の合計が、60~64歳では「28万円」、65歳以上では「46万円」を超えなければ年金の支給停止はないということになる。まずは、この仕組みを理解しておきたい。

長く働いても損にはならないと伝える