woman
(画像=PhotographyByMK/Shutterstock.com)
case 2 継続雇用を希望するが、いつから年金をもらえばよいか悩む会社員のお客様
希望するライフプランに応じた働き方や制度活用をアドバイス

老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)は、原則として65歳からの支給だが、ケース1でも解説したように、最も早ければ60歳から繰り上げて受け取ることもできる。本ケースのお客様についても、もし繰上げ受給を検討する場合には注意が必要となる。

本ケースでは「60歳以降も継続雇用を希望」とあることから、まずは「在職老齢年金」の仕組みについてしっかりと説明しなければいけない。

給与・年金受給があると年金減額の可能性も