インベスコの調査によると、ESGと中国への関心が高まっている。

インベスコ社の最近の調査によると、世界の債券投資家の49%は、今後1〜2年は景気循環が続くと予想している。一方で、27%は今後半年から1年以内に終わると予想している。 この調査は、北米、アジア/太平洋、ヨーロッパ/中東/アフリカの地域で、総額14兆1000億ドル (6月30日現在) を持つ145人の最高投資責任者、および債券資産所有者との直接インタビューによるもの。

インベスコ・フィクスト・インカムのチーフ・ストラテジスト兼マルチセクター・ポートフォリオ・マネジメントのグローバルヘッド、ロバート・ウォルドナー氏は声明で、「投資家は、現在の景気サイクルの後半は有限であると考えているが、債券収益が大幅に修正されるとは予想しておらず、その後はイールドカーブがフラットになるソフトランディングが起こると予想している。」と述べた。 (先週、3ヶ月と10年の国庫間の利回り曲線は、2007年以来初めて逆転した。)