こんな声かけで投資信託での資産形成ニーズを喚起しよう【2】
(画像=PIXTA)

積立投資信託での資産形成に関心を持ってもらうためのアプローチとトーク例を紹介する。

声かけ5
お子様の大学卒業までに必要となる資金はご存知ですか

文部科学省の「子供の学習費調査」を見ると、1年間の学費は、公立の場合で幼稚園25万円、小学校が35 万円、中学校50万円、高校で45万円に対して、私立の場合は幼稚園で50万円、小学校が155万円、中学校135万円、高校では110万円となっている。高校まですべて公立ならば合計570万円だが、すべて私立なら1815万円になる。もちろん、その先の大学は別勘定だ。

高校の卒業生の約60%は大学に進学しており、教育費は年々上昇している。高校生の通塾率は4割前後にのぼるというデータもある。塾費用には年間30万~100万円、大学の受験から入学までの費用が自宅外通学者で平均25万円程度かかる。

大学では、年間の授業料や学校納付金、課外活動費、通学費などを合計すると、自宅生・国立大学進学で約70万円が、下宿生・私立大学進学では約140万円がかかる。

長期での運用が合理的