こんな声かけで投資信託での資産形成ニーズを喚起しよう【4】
(画像=PIXTA)

積立投資信託での資産形成に関心を持ってもらうためのアプローチとトーク例を紹介する。

声かけ13
資産形成では 自動的に続けられる仕組みがとても有効なんです

資産形成で絶対にやってはいけないのが、「投資をやめてしまうこと」であろう。当然ながら、投資をやめてしまえば、そこで資産形成はストップしてしまうからである。

とはいえ、相場が大きく崩れたときなどにストレスや不安を感じ、新規の投資を控えたり投資をやめたくなったりするケースはあるだろう。そこで、ストレスなく投資を続けられる方法として積立投資信託を紹介しよう。

ここで強調したいのは、積立は口座振替によって資産を「自動」で積み立てる仕組みであるということ。毎月購入するファンドと金額を一度設定しておけば、あとは相場を気にすることなく毎月コツコツ積み立てられる。

お客様に対しては、「毎月余ったお金をその都度積み立てようと思っても、心理的になかなか難しい」ことを伝えたい。そのうえで、毎月一定額が自動で積み立てられる、すなわち先に積立額が引き落とされることで、半ば強制的に続けられることを強調しよう。

引き落とされた積立額は「最初からなかったもの」として捉えられるので、気持ちのうえでも楽になる。このことも長く続けられるコツとして伝えたい。

積立は無理のない金額で