こんな声かけからお客様の不安や意向を聞き出そう【2】
(画像=PIXTA)

アフターフォローの際に、お客様の本音をつかむための声かけ・トーク展開を紹介する。

声かけ3
含み損がありますがどの程度の値下がりまで耐えられそうですか

マーケット環境等によっては、保有する投資信託の運用状況が優れず、含み損(評価損)が発生することもある。このような状況で、お客様の反応や機嫌が良いことはない。投資信託に価格変動があることは理解していても、含み損に立腹するケースもある。

しかしながら、お客様の資産運用は含み損が生じたときに終了するわけではない。人生100年時代といわれる現在、特に老後資金形成を目的としているのなら、長期運用を前提に始めたはずだ。

考えを整理してもらう