保有商品や現在の運用状況に合わせたフォローも行おう【4】
(画像=PIXTA)

ここでは、お客様の保有商品等に合わせたフォローやアドバイスについて解説する。

いわゆる「売れ筋」商品を一種類しか保有していないお客様
当該商品の購入理由を確認し改めて目的に沿った運用を提案

インドの債券や豪ドル建てでハイイールド債券に投資するファンドなど、いわゆる〝流行もの〟を購入し、他のファンドは保有していない――。本来であれば、こうしたケースは不適切な運用方法といえる。もちろん、今後の上昇を期待して一つに的を絞ったというなら話は別だ。だが、実際にはとりあえず売れ筋を購入したものの含み損を抱えてしまった――というケースが少なくない。