保有商品や現在の運用状況に合わせたフォローも行おう【6】
(画像=PIXTA)

ここでは、お客様の保有商品等に合わせたフォローやアドバイスについて解説する。

投資先が国内に偏っているお客様
運用の効果やリスク分散を考慮し海外資産への分散を提案

国内株ファンドや国内債券ファンドなど、国内を投資対象とする商品だけで運用しているお客様は、海外資産への投資に対して「為替リスクが恐い」「よく分からない」といった印象を持っていることが多い。確かに海外資産を組み入れたファンドは国内資産と比べて情報収集がしにくく、購入後に為替相場が円高になれば、為替差損が発生する可能性がある。