米国の若者の三分の一以上が、30歳になっても親に経済的に依存し続ける

米国の十代の若者の三分の一以上が、30歳までに親から経済的に自立するとは考えていない。これは水曜日に発表されたジュニア・アチーブメントUSAとシティズンズ・バンクの調査と一致している。

調査によると、ティーンエイジャーの74%が30歳になるまでに車を所有すると予想していたが、その他の重要な経済的節目に到達することへの期待はずっと低かった。60%が家を所有することになり、44%が退職後のために貯蓄することになり、43%が勉強をしないことになった。 Junior Achievement USAの社長兼CEO、Jack Kosakowski氏は声明で、「これらの調査結果は、財務上の目標を達成することに関して、チームの間に疑問の余地があることを示している」と述べた。「強い経済があれば、10代の若者はもっと楽観的になると思う」