「ベスト・インタレスト」の解釈を巡る問題とは

ダグラス・シュミット裁判官はNAICに対し、この基準には明白な意味があると判断するだろうと述べた。

多くの傍聴者は、米国証券取引委員会のレギュレーション・ベスト・インタレストの提案が一部の州の厳格な受託者ルール、最善の利益と適合性の措置よりも、生命保険代理店とブローカーにとってより簡単であると考えている。

しかし、現実問題、SECのレギュレーション・ベスト・インタレストは予想以上に厳しいかもしれない。これは州の保険監督機関が米国証券取引委員会のレギュレーション・ベスト・インタレストの提案を支援している弁護士の意見だ。なぜなら、裁判所はレギュレーション・ベスト・インタレスト自体の本文にのみ焦点を当て、その効果を弱めるように思われるSECの補足資料を無視する恐れがあるからである。