ファイナンシャル・アドバイザーにとってSNSが必須のツールとなっている

Putnam Investmentsの調査によると、98%がソーシャルネットワークをビジネスや個人の目的で利用しており、そのうち83%がビジネス目的で利用しているという。

「Putnam Investments」の6回目のソーシャルメディア調査によると、5人のファイナンシャルアドバイザーのうち4人以上がビジネス目的でソーシャルメディアを利用しており、100%近くがビジネス、あるいはプライベートでソーシャルネットワークを利用している。