米アメリプライズ・ファイナンシャル社が発表した最新の調査によると、投資家の4人に3人は、経済的な成功を収めるのは、同じ年齢の両親の場合と同じくらい簡単だったか、あるいは簡単だったと答えた。しかし調査に参加した人の半数は、次世代の家族が経済的に楽になることは難しいと考えていた。 この研究では、従来型の財務目標と引退に対する態度が世代を超えてどのように変化してきたか、そしてその変化が投資家とお金との関係にどのように影響しているかを調べた。

投資家の87%が子どもの大学費用を援助

アルテミス戦略グループは昨年12月、運用資産が10万ドル以上の30~69歳の米国成人3,008人を対象にオンライン調査を実施した。 この調査では、多くの投資家が現在、自分の親から受けているよりも多くの金銭的支援を子どもに提供していることが明らかになった。