2人の経済学者が、希望的思考 がどのようにして預貯金の減少と資産のバブルを生み出すかを検証している。

引退に際して、希望的な思考をする人の預貯金が少ない?

この疑問に対して、国立経済研究所 (National Bureau of Economic Research) から発表された新しい論文は、完璧に答えを出していると思われる。ニューヨーク大学の経済学教授アンドリュー・カプラン氏とミシガン大学のマクロ経済学教授ジョン・リーヒー氏の連名によるこの論文は、希望的思考が経済に及ぼす影響を検証している。