生命保険加入者数の変化

米国の生命保険新規申請者数の動きは、60歳未満の層でその数が減少したため、3月期には全体で見てみると、通常の数字に戻った。MIBグループ社の報告書によると、生命保険加入者数の動きは今年1、2月についていえば、前年同期比では増加していた。これは2018年7月以来初めての動きである。これに比べて3月期の落ち込みは、4.9%に達したとしている。

2月のMIBの報告書では、2月期の動きは2度目の増加であり、先月1月の動きは2018年2月より0.4% 増加した。年初の時点で、45歳以上の申請者数がそれ以下の年齢層の数をはるかに上回っており、その傾向は翌月3月まで続いた。