バンクビジネス
(画像=Natali_ Mis/Shutterstock.com)

創業融資は金融機関にとって比較的高いリスクを内包します。一般的には信用保証協会の創業(等)関連保証を利用することで保全を賄います。創業(等)関連保証には以下のような要件があります。

①事業を営んでいない個人で、一定期間内に新たに事業を開始する具体的な計画を有する者
②事業を営んでいない個人で、一定期間内に新たに会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的な計画を有する者
③事業を営んでいない個人で事業開始日以後5年を経過していない者
④事業を営んでいない個人により設立された会社で、設立日以後5年を経過していない会社
⑤分社化を計画する会社
⑥設立日以後5年を経過していない分社化された会社

本ケースのような、創業間もない企業からの融資の申込みでは、創業(等)関連保証を利用する可能性が見込まれます。

創業(等)関連保証の要件に適合するか確認