バンクビジネス
(画像=mojo cp/Shutterstock.com)

与信額が高額に達することも多い事業資金融資では、特に正確で漏れのない対応が求められます。ここでは、一般的な都道府県信用保証協会付の証書貸付を例に解説します。

受付・実行対応時には、申込・疎明関係資料を数多く取り扱います。迅速な融資対応を希望するお客様が珍しくないため、❶を受け付けたときに書類確認を着実に行い、対応の誤りに起因する遅延をもたらさないことが極めて重要です。特に、店舗ではなく外部への訪問時に申込・疎明関係資料を受領する際などに「うっかりミス」が多いため、注意しましょう。

信用保証協会による保証の付保を検討