バンクビジネス
(画像=Tofu_khai/Shutterstock.com)

問題1

賞与の計算期間が決算期末をまたぐ場合の賞与引当金について次の①~④のうち正しいものを1つ選んでください。

①賞与引当金には、翌期に支給見込みの賞与のうち当期の対応分を計上する
②賞与引当金には、翌期に支給見込みの賞与の総額を当期のうちに計上する
③賞与引当金には、当期に支給された賞与の総額を計上する
④賞与引当金には、当期に支給された賞与のうち半分を計上する

引当金とは、将来の特定の支出に備えるため、あらかじめ費用を計上する際に発生する負債です。以下の4つの要件をすべて満たした場合に計上します。

①将来の特定の費用または損失に備えるためのものである
②費用または損失の発生原因が当期以前の事象に起因している
③発生の可能性が高い
④金額を合理的に見積もることができる

主な引当金には、賞与引当金や貸倒引当金、返品調整引当金、製品保証引当金、退職給付引当金などがあります。

将来、会社外部への資金の流出を伴うものを負債性引当金といいます。これに対して、将来の資産価値の損失に備えて設定されるものは評価性引当金といわれます。

貸借対照表の流動負債に計上される