news paper
(画像=sebra/Shutterstock)

株価や統計などの数字が動くと、具体的にどんな影響があるのか――お客様に実感してもらえる説明方法はありますか?

毎日、数限りなく眼前を通り過ぎていく価格や指標の変化について、皆さんはどこまで実感を持っていますか?これはあなたの経済記事を読む力(リテラシー)に関わる重要なテーマです。

情報を得ても実感を持てないのであれば、思考の材料として扱うことができず、仕事に活かすことも難しいでしょう。

経済の事象を定量的に理解することは、経済記事を読むうえで欠かせません。そのためには、「この数字が動くとこの分野にこれくらいの影響がある」とイメージできるような、自分にとっての座標軸となる数値を持つことがコツです。

具体的なやり方をマーケットの動向把握に欠かせない「日経平均株価」「原油価格」の2つで説明します。

時価総額に着目し株価の変動を捉える