退職事業を中心に堅実に成長している

Merrill Lynchのアドバイザーの新規顧客関係の約11%は、2018年に銀行の他の部門から紹介されたものであり、今年はその割合が高まる可能性がある。

バンク・オブ・アメリカは1〜3月期の業績予想を上回ったが売上高は伸び悩んだ。同社の資産運用事業では利益が増加しており、ライバル会社のウェルズ・ファーゴとは異なり、退職年金事業を廃止を目指してはいない。