money
(画像=Syda Productions/Shutterstock)
ココが知りたい
「資金繰り」がとにかく大事だと先輩に説かれるのですが、正直、漠然としか理解できていません。取引先にとって資金繰りってどんなものでしょうか。資金繰りをうまく理解するためのポイントはありますか?

取引先中小企業の経営者にとって、そして取引金融機関にとっても、「資金繰り」は最大の課題です。資金繰りが回らなければ、取引先は最悪の場合、倒産という憂き目に遭います。一方の金融機関は不良債権を抱えることになり、収益にマイナスの影響を及ぼします。

そんな事態を避けるために、担当者としては「資金繰り」という観点をしっかり頭に入れ、取引先へアプローチしていくことが非常に大切です。経営者にも資金繰りの観点から情報開示を行い、金融機関と情報共有をしていくことが求められます。「双方の密な情報共有・情報交換がなされなければ、企業の資金繰りはうまく回っていかない」と肝に銘じましょう。

そこで本連載では、企業の資金繰りを回していくために、担当者がどうアドバイス・サポートをしていけばよいのか、様々な角度から解説していきます。

残高に「加わる」「減る」お金の動きを追えばよい