law
(画像=Evlakhov Valeriy/Shutterstock)

私は、銀行の営業店で融資渉外を担当しています。最近「債権法改正への対応を急ぐ必要がある」という話をよく耳にするのですが、融資の書式の見直しなどは本部が対応しているようです。現場の担当者が押さえておくべき特に重要な改正項目、ポイントについて教えてください。

民法の債権法部分が改正され、2020年4月1日から適用が開始される。改正項目は多岐にわたるが、金融機関の営業店で融資業務に携わる担当者が最も注意しなければならないのは、「保証」に関する改正項目である。対応を講じないと保証契約が無効になってしまうなど、重要な変更が含まれているためだ。

保証は、主債務者の業況をよく把握していない第三者が保証人となり、予期せぬ多額の保証債務を負うなど、個人の保証人が気の毒な結果になる事例が多いとの指摘があったことから、保証人保護を強める改正が行われた。

主な改正項目には、図表に挙げたようなものがある。

近代セールス
(画像=近代セールス)

事業資金か否か不明確なら念のため公正証書を作成