バンクビジネス
(画像=Pressmaster/Shutterstock.com)

最終回は、「タイムマネジメントについて、後輩に指導する方法」を紹介します。

後輩指導は「面倒だな」と感じる人も少なくないと思いますが、教えることは自分自身のためにもなります。

技能の習得には、「知る→分かる→できる→分かち合う」というステップがあります。すなわち、他人に体系立てて教えることができるのであれば、しっかり身に付いて実践できているということです。教えられなければ、自分の取組みを見直すきっかけになります。

また、「後輩に指導するにあたって、まずは自分がしっかりしよう」という意識が働きますので、仕事に対するモチベーションが高まるといった効果もあります。

体系立てて教える