hands
(画像=fizkes/Shutterstock)

ダイバーシティや働き方改革が求められていますが、これに取り組む意義や目的を教えてください。また、金融機関の行職員としては、どのような取組みが求められるのでしょうか?

「ダイバーシティ」や「働き方改革」に取り組む企業は、社会的評価や信用が高い傾向にあります(ダイバーシティは一般に、多様性を活かす「ダイバーシティ・マネジメント」や「ダイバーシティ経営」の略として使われる)。

多様な人材を活かし、働きやすい環境を整える企業は、イメージアップが図られ、人材の確保や、取引先からの良い評価につながります。加えて、様々な知見をもった人材が能力を発揮しやすい環境が作られるため、組織のパフォーマンスが高まるとされています。

ダイバーシティ経営は経済産業省において日本経済の持続的成長に不可欠とされており、働き方改革は安倍首相の「ニッポン一億総活躍プラン」の実現に向けた最大の取組みとなっています。

ダイバーシティで経営環境の変化に対応