「the Social Security 2100 Act (2100年社会保障法)」は現状の社会保障システムを救えるのだろうか

これは昨年の予測をわずかに上回っている。

2035年には社会保障プログラムの積立金が枯渇し、信託基金の統合による継続的な収入は予定給付金の80%を支払うのに十分である、と理事会は月曜日に発表された年次報告書で予測した。

高齢者および遺族保険の信託基金積立金は2034年に枯渇すると予想され、その時点でOASI(公的老齢/遺族年金信託基金)の収入は予定給付金の77%を支払うのに十分であるという報告がされている。

また、障害者給付信託基金の資産積立金は2052年に枯渇すると予測され、その時点でDI(障害年金)信託基金への継続的な収入は、予定給付金の91%を支払うのに十分である。